埼玉の銅線買取ならお任せ下さい。

電線・銅線買取センター

埼玉で銅線の買取【ポイントとFAQ】

電線や銅線の買取をご希望の方は、迷わず電線・銅線買取センターまでご連絡ください。
フリーダイヤルを用意しておりますので、「電線の買取の件で電話した」とお伝えいただければ、すぐに対応させていただきます。
一般的な買取品と違って相場が分かりにくい電線・銅線は、買取店に持ち込んでもどうせ安価で買い叩かれると思われている方も少なくないようです。

風間商事(電線買取センター)

実際にそのようなお店も全国には複数存在しているようですが、弊社ではどこよりも高く、少しでも高価買取ができるよう様々な取り組みを行っています。
お客様にとって最も大切なのは買取価格であると考え、そのために使用する車両や設備や備品は中古品にして、余分な経費がかからないようにしています。
宣伝広告費も極力抑えるように努め、アウトソーシングを積極的に活用し、倉庫内作業なども必要なときだけアルバイトを雇い、必要経費の中でも最も比率が高くなる人件費も最小限に抑えています。
お持ちの電線や銅線の価格を知りたい方や、その他に疑問がある方は、まずはフリーダイヤルからお気軽にお問合せください。
皆様の不安を解消したうえで、満足いくサービスをご提供させていただきます。

01埼玉で銅線買取を行っている業者とは?

工事現場や解体現場などの現場には多くの電線や銅線が発生しています。また、我々の住まいや企業オフィス内でもコンピューターや電気機器などの配線にそれらが含まれており、電線のない場所を探すのが難しいほど。
各種の自動車関連会社やエレベーター保守点検会社、太陽光関連や電気設備会社などでも大量の被膜電線、銅線が発生しているでしょう。
各企業が適切な方法で処理されていると思いますが、産廃業者などへ回収処分費をかけず、お得に回収してもらえる方法があります。
埼玉に電線や銅線の買取専門業者があり、埼玉県内の同業者内では常に一位、二位を争う高額での買取に定評があります。
他の買取会社では一括でまとめていくら、という山買いが多いものですが、こちらの会社ではお客様へ高価買取を行うため、種類別に選別し、歩留まり率を確認の上査定する細かな工程を取っています。それは種類により中に含まれる銅の歩留まり率が全く異なるため、概算できないものだからです。また、重さを測定する際、多くの業者では10kg単位で計測のところ、こちらでは1kg単位という精密さです。1kg単位で計量できるスケールを利用し、お客様に少しでも得して頂ける基準を設けています。現在取引中の買取業者との違いを検討する機会にされたり、経費から買取によるプラスへの転換にされてはいかがでしょうか。

02銅線買取業者を利用するのが初めての方

銅は電気を通しやすい電熱性に優れた特性から電線や半導体のリードフレーム、ワイヤーハーネス、電子コネクターとして使用され、パソコンや携帯電話、自動車など現代には欠かせない金属です。加えて、耐食性にも優れた銅の特性から、風雨にさらされる屋根材へ使用されるなど汎用性が高いことでも知られます。他にも普段見えないところに沢山の銅製品があり、我々の快適な生活を支えています。
これらの製品を廃棄する時に排出する銅を再び社会に戻す銅のリサイクルを行っている会社があり、銅線や被膜電線、銅を買取しています。
需要の高い銅は各種金属の中でも高額買取が望める為、車の解体業者や電気設備会社、建設会社関連の業種の方は買取業者を上手く選ぶことで効率よく処分でき、経費削減に繋がるため必見です。
銅の日本相場はJX金属が発表する銅建値と呼ばれる数値が指標となっています。銅線買取業者はこの市場相場を踏まえ随時買取額を設定しているため、固定価格ではありません。建値の推移と業者の買取額をチェックしながら、建値の良いタイミングで売りに出すのが得策です。また、少量よりも量をまとめた方が有利ですし、毎月排出される量が決まっている場合は、一定量を納入する契約を交わすと双方にメリットを生むため、より好条件での取引が期待できるでしょう。

銅線買取業者を利用するのが初めての方

03銅線買取業者を探す際の3つのお悩みについて

銅は非鉄の金属スクラップでは身近な存在で、高く買取りされており、銅建値が良い時に売りに出すのが有利です。銅線を扱う業種の方は少しでも高く買取してくれる業者の情報交換をされているものですが、その際のお悩みから3つを取り上げてみました。

1.少量でも買取してくれる会社を探している

2.色々な金属スクラップと混ざった状態でも買取可能か

3.買取額を上げる方法や工夫はありますか?
 

銅線・電線の買取ではバッカンやフレコンにまとめた状態で取引されることが多く、トン単位で大量に溜まってから買取に出すのが良い値段がつきやすいとされます。中には種類別に選別し、1kg単位で計量して買取額を設定している良心的な会社があり、お客様にとっては高額買取が叶います。
買取額を少しでも上げるためには、汚れや焼け、溶接やメッキ、ゴミや樹脂などの付着物がなく、他金属との混ざりがないことが大きなポイントです。リサイクル時に精錬する際の手間がいかに少なくなるかという基準であり、付着物が多いと減額買取対象となります。
高く買取してもらうためには手間をかけても付き物や混ぜ物がないように分けるのが秘訣です。
また、ある程度溜まってから買取に出す、安定したペースで納入することなども買取額アップに繋がりますので長期的な視点で検討されるのがよいでしょう。

04銅線の種類について

熱伝導度及び伸延性が高い金属である銅は電線や様々な家電製品のコード、ケーブルなどに使用されており、種類は多岐に亘ります。

銅線買取業者で取引される銅スクラップの種類をご紹介しましょう。
・ピカ線(第一号銅線) 高圧電線、動力ケーブルなどの被膜を除去して取り出した、不純物が少ない銅線のことです。純度が高く、ピカっと光る銅の色が特徴。1本あたり1.3o以上の太さであることがピカ線の基準であり、メッキ加工や表面に劣化のあるものは除き、銅スクラップの中でもっとも高値で取引されています。
・上銅 未使用の銅パイプや銅板、銅棒、工場等から出る銅の打抜材などが上銅とされます。表面劣化がなく光沢があり、他の金属や不純物が混じっていないものが上銅の基準です。
・込銅(2号銅) 使い古した銅スクラップや銅パイプ、銅板、銅棒などを込銅と言います。鉄や真鍮ナット、溶接跡などの不純物を除去し、銅のみになった状態が基準で、不純物が多いものは減額買取になります。
・下銅 銅以外の金属や不純物が多いものは下銅と呼ばれています。不純物の程度や銅の含有率によって買取額が変わります。
他にも雑線や銅製のクーラー配管、錫メッキ線など様々な種類がありますが、いずれの銅線も不純物を出来るだけ取り除くことが高額買取のポイントになります。

FAQ一覧

お問合せフォーム

PageTop