銅線を高く買取してもらうコツ|埼玉の銅線買取ならお任せ下さい。

電線・銅線買取センター
電線・銅線の買取専門 高価格・現金買取

FAQ

銅線を高く買取してもらうコツはありますか?

知り合いが建設現場や解体業者などから出る廃材を回収する下請の仕事をしています。廃材の中には再生資源として買取してもらえるものも多いそうですが、買取の際に何かと揉める話を聞きました。重さを誤魔化されたり、状態が良くないからと値引き対象になったり、買取してもらえなかったり。業者によって値段も結構違うため、常に高く買取してくれる業者はないかとリサーチしているそうです。先日、銅線の買取業者から銅線の選別もなく山買いで安い金額を提示されたと怒っていました。私はリサイクルシステムに詳しくありませんが、被膜電線の銅率については多少知見があるため、調べもしないでばくっとした買取額を提示するのはインチキだと思ってしまいました。
電線や銅線は高く売れるモノと認識していましたし、盗む人もいるくらいですからちゃんと適正な査定と買取をしてくれる業者があるはずだと思っています。
関東で正規の銅線買取業者があればご紹介頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。

answer

埼玉県に電線・銅線の高価格買取業者があります

電線が高く買取されるものとして盗難事件が珍しくないのは周知のとおり。それは工業製品に欠かせない銅が利用されているからです。
銅は通電性に優れるため電線の材料として使われ、ローコストで大量に生産出来ることから需要があり、買取業者に高く買取してもらえます。雑電線から被膜をなくした銅線のことを第一号銅線と言い、断面が1.3ミリ以上ある銅線のことを指します。このクラスの銅線は高価買取の可能性が高いと言われています。業者により買取価格に差がありますが、その詳細をすることが大切です。重さをちゃんと調べなかったり誤魔化すのは問題外だと思いますが、正規の買取では銅率に基づき見積もりされます。ジョイントや圧着端子、絶縁テープなどの付着物が多い場合は減額対象であるというのは一般的です。
埼玉に地域の銅線買取においては常に一位、二位という高価買取を行う買取専門店がありますのでお試しになってはいかがでしょうか。
お問合せフォーム

PageTop